>

ウィンタースポーツには年間いくらかかるの?

知れば始めてみたくなる?ウィンタースポーツにかかるお金

氷で滑って転んで楽しんで

スケートリンクに行ってみる

近年注目度の高いフィギュアスケートをやるには、コーチや特別な食事などの環境づくり、振付、衣装、遠征費などなど、とにかくお金がかかるようです。
年間百万単位ではすまないとの話も。
ただ一方、それも含めて夢の世界、ともいえるのかもしれません。
では身近なレジャーとしてのスケートリンクはどうでしょうか。

都内では、リンク、貸靴のセット費用に、だいたい義務づけられる手袋を買ったとして、1500円~2000円くらい。
外食して交通費を足して1回3~4000円とすると、年間30000円くらいで結構、満喫できるでしょうか。
残念ながら筆者は滑れませんが、もしスケートが上達して、カーリングやアイスホッケーも出来たら楽しそうですね。

アイスホッケーをやるには

最近日本代表のゴールキーパーが、実力と共にルックスも可愛らしいということでも、アイスホッケーが注目を集めたりしていますね。
アイスホッケーの費用を調べようと検索すると、検索上位は海外の情報が多いことに驚きました。
そもそもアイスホッケーをやる場所やチームが、カナダなど競技先進国に比べ少ないのでしょう。
場所やチームは、地域活動や部活動でうまく入れたとしても、アイスホッケー、なかなかお金のかかるウィンタースポーツのようです。
たしかに見るからに、プロテクターはじめ道具で固められたいでたちです。
道具一式は10万くらいするそうです。
初めに一式揃えれば、あとはメンテナンスだけでしょうが、実はもうひとつ、費用がかかる項目があります。
なんと、歯の治療代だそうです。
「氷上の格闘技」と異名を持つほどの激しさで、歯を折ったりが日常茶飯事だとか。
でもはまれば、燃えるのでしょうね。


このコラムをシェアする